石垣島ラー油ひとことメモ

■ボトルにラー油の具が残ってしまった場合、ボトルへサラダ油を入れてシェイクし、炒め物などにご利用ください。
 
■お問合せが多い「ピパーチ(ピヤーシ)」について、これは別名「島コショウ」と呼ばれている島独特の香辛料です。
家の周りの珊瑚の石垣に自生し、八重山そば(沖縄そば)には欠かせないスパイスです。
 
■カップラーメンに石ラーを入れると最高!という声をたくさん頂きますが、カップラーメンの添加物はあまり身体にやさしくありません......。カップから溶け出る成分も気になりますよね。できるだけ鶏がらや骨でスープをとり、生中華麺で手作りラーメンを作って石ラーを楽しんでください。
 
鶏がらスープや豚骨スープは、小分けにして冷凍できますので、1度作れば、そんなに大変な作業ではありませんよー。ポイントは、鳥がらや骨を一度湯通しし、流水で洗い、水から作ります。 野菜類はアクを取ってから入れてください。鳥がらや骨を入手しにくい場合は、鳥手羽やもも、豚or牛ばらスライスでも、十分美味しいダシがとれます。そこへ昆布ダシやカツオダシなど加えれば、ラーメン屋さん顔負けの上等なスープになります。

スープをとるときは、蓋をせず(透明なスープができます)、アクをこまめにとってくださいね。スープをとる時にオススメの野菜たちは、ショウガ、長ネギ、玉ネギ、ニンニク。臭みを消して旨みを加えてくれます。
 
 
 
 
 
 
↓↓↓全国の石ラーファンの皆さまより、おすすめレシピを教えていただきました!↓↓↓